アジアンな雰囲気の風俗嬢

情報が生命線だからこそ

今の時代はいろんな情報を自分で取捨選択する時代ですが、風俗もそうですよね。インターネット上には風俗の情報はたくさんあります。ポータルサイトのようにいろいろな風俗店のホームページへのアクセスを可能にしてくれるコンテンツもあれば、口コミのようにサービス提供者側ではなく、利用者からの情報発信もあります。風俗の情報がこれだけあるのは遊ぶ際の情報収集の手段が豊富になるので悪いことではないとは思うんです。ただ、それらをすべて鵜呑みにしていては何が本当なのかよく分からなかったり、自分に合うものなのかどうかなのかもよく分からないってケースも出てくるんじゃないのかなって思うんですよね。それよりは自分で真剣に考えてくれて、じゃあ自分にはどういったことが合うのかや、自分なりにいろんなシミュレーションをしてみることが求められるんじゃないですかね。自分もそうです。鵜呑みにするのではなく、参考にしつつ、理想の風俗嬢を探しています。

性感マッサージだけという気持ちですね

性感マッサージだけ…という気持ちがあるのは、それだけ自分にとって特別な存在だからこそだと思うんですよ。性感マッサージだけでしか遊びたくないって訳じゃないんですけど、ただ恋しくなるのは性感マッサージだけなんですよね(笑)性感マッサージだけは「そういえば最近性感マッサージで遊んでいないな」という気持ちになるんですよね。他の風俗ではそこまでの気持ちにはならないんです。でも性感マッサージだけはふと気になると言うか、恋しくなる時もあるんですよ。それって単純に考えるとやっぱり性感マッサージが自分にとって大きな存在だからこそでもあるんじゃないかなって思いますし、他の風俗にはない魅力を持っているからこそなのかなって気持ちもありますので、自分自身、性感マッサージで遊ぶ時だけはどこか気合が入るんですよ。といっても別に自分が何かしなければならないことがある訳じゃないので、マイペースに遊んで楽しんでいるだけですが(笑)